妊婦の便秘薬はやっぱり危険

当たり前ですが、妊娠中に便秘のための薬を飲むのは精神的にも良くありません。しかし、妊婦は便秘をしやすいものです。特に妊娠前から便秘がちであった人は、さらに酷くなることもありますし妊娠後もおそらくその便秘は続くことでしょう。

 

妊娠前に便秘薬を飲んでいたとしたら、その薬を続けて飲んでもよいかどうか、必ず産婦人科医に確認しましょう。強い下剤の場合は流産の危険性もあるそうです。

 

漢方系の薬などは大丈夫だといわれる場合もあるので、恥ずかしがらずにいろいろと相談し、妊娠期間を気持ちよく過ごすことができるよう自分で考えることが大切だと思います。

 

妊娠後に初めて便秘になった人も医師に打ち明けて、食事の工夫などで改善されない場合は、薬を処方してもらいましょう。

 

便に水分を与えてやわらかくする酸化マグネシウムの系統の薬なら安全で、とても穏やかな効き目で、胎児にも影響がありません。

 

酸化マグネシウムだけでは効かない場合は、液体状のラキソベロンという薬を処方されることが多いように思います。こちらは「1回10滴から」などと、量を調節しやすいので、おなかの調子を見ながら加減することができると思います。

 

食事では、食物繊維を多く含む食品をできるだけとるようにすることが大切ですが、食物繊維にも水溶性と不溶性のものがあって、不溶性のものをとりすぎると逆に便秘がひどくなるので、注意が必要です。

 

健康食品としてはオリゴ糖がおすすめです。スーパーなどで売られているオリゴ糖を甘味料として使ったり、通販でよく売れていると話題のオリゴ糖もありますので、便秘がひどい方は一度検索してみるとよいでしょう。

 

スーパーなどで購入する場合は添加物が入っていないかを確認するといいですね。ボトルタイプで販売されているものは添加物がはいっていますから避けた方が無難です。

便秘になってしまうと、なかなか出せないイライラだけでなくお腹の張りなど非常に不愉快な感覚がいくつも襲ってきますし、なってしまったら早急に治してしまいところですよね。

 

ですが便秘は長年培った身体の不調が来した結果ですので、そう簡単に治ることもありません。しぶとく残ってしまう便秘ではありますが、治すために効果的な食物を摂取することで改善が少しでも早まるのです。

 

その中でも効果的な食材はオリーブオイルです。元々ポリフェノールが豊富に含まれているとされ、その抗酸化作用からアンチエイジングや美肌に効果てきめんとされておりますが、実は便秘にも良いというのはご存知でしょうか。
油分は身体の中の保湿効果を持つ他、大腸内や小腸内の便の滑りを良くしてくれますので、中にたまりがちだった便がスムーズに出てくるようになるのです。

 

便秘は不規則な食生活やストレスによって起こる身体の不調です。そのため腸の動きが鈍くなってしまったり、油分が足りなくなるなど様々な原因をきたして発生します。

 

後は水分不足も便が硬くなってしまい曲がりくねっている腸のなかで滞留してしまう原因です。油分はそうした硬くなってしまった便に対しても効果を発揮しますので、腸の動きを活性化する効果もある油分、オリーブオイルがまさしく便秘にピッタリの食材と呼べるのです。

 

例えばペペロンチーノなどのパスタやカルパッチョなどのサラダ類にも利用できますので摂取の方法も豊富で美味しくいただけるというのもオリーブオイルの嬉しいところです。オリーブオイルなら妊娠中の便秘でも安心に使用することができますよね。

便秘で悩まれている方は現代社会では非常に多いと言われています。その原因の多くは食生活の乱れと拍車をかけるようなストレスの蓄積です。

 

食生活に関してで言えば朝ごはんをきっちりと摂取しないというのも大きな原因です。後は不規則な時間に食事を行う、栄養がかたよるといったことがありますが、その中でも朝ごはんを食べないというのは便秘の最大の原因でもあるのです。

 

では、なぜ朝ごはんを食べないことが便秘の原因となるのか。答えは身体が動かないからです。どういうことかと申しますと、人は目覚めてから太陽の光を浴びて体内時計を調整して目覚めてきます。それまでは意識があって立ち上がれる状態であっても身体はほとんど眠っている時のような状態です。

 

太陽の光を浴びて身体が動くようになっても、内臓はそうではありません。内蔵は外からの刺激や食物によってその動きが活性化してきますので、食物を取らなければ身体の中から目覚めることができないのです。

 

つまり、その状態で身体を動かして一日をはじめてしまうと胃や腸が正常に動かず、更に食生活の乱れで拍車をかけて負担をましてしまうと結果、消化不良などを起こして便秘につながってくるのです。

 

便秘の一番の改善方法は健康体を手に入れるということです。ストレスと生活の乱れは健康を阻害する最も悪い要素です。

 

それらの改善で身体は健康的になり、健康的な身体は便秘など起こさず便通をスムーズにしてくれるのです。

 

便秘気味だと思ったら、少しでも良いので朝ごはんを食べてみてください。そして、身体の目覚めを感じて一日を過ごしてみてください。

普段は、毎朝すっきりお通じが出る私でも、生理前になると、なんとなく体がむくんで便秘になりがちです。体に毒素がたまっているような気がして、なんとなく体が熱っぽく感じられることもあいまって、気分的にもちょっとしたことで落ち込みがちなのがこの時期の症状です。

 

かかりつけの婦人科の先生に生理前のむくみや便秘について質問してみたところ、やはり黄体期に関係があるとのことでした。

 

生理前の黄体期に入ると、女性の体は、黄体ホルモンの影響を強く受けることになります。私が悩んでいる症状は、全てこの黄体ホルモンの仕業だと考えられるそうです。

 

黄体ホルモンは、体が妊娠しやすくなるようにと、体内水分量を普段よりも多く保持しようとするそうで、その水分の補給源の一部が大腸で吸収される水分なのだそうです。

 

本来、便を作る時に使われるはずの水分がそのようにして体内に吸収されてしまうことから、体はむくみ、便は水分量が減って硬くなり、それが便秘に繋がっているのではないか?とのことでした。

 

これまで生理前には、「むくみやすいから水分を控えよう」と考えていたのですが、それが間違いだったみたいです。水分を控えると、ますます便が硬くなって便秘しやすくなるからです。

 

そのため、先生からは、水分を積極的に摂ることと、腸のぜん動運動を活発にさせるために簡単な運動やマッサージをすると良いと言われました。

 

そのため、黄体期には、目が覚めたらベッドの上で腸をもんだり、腹筋を使って起きたり寝たりを何度か繰り返しています。それだけでも多少効果があるみたいです。