妊婦の便秘薬はやっぱり危険

当たり前ですが、妊娠中に便秘のための薬を飲むのは精神的にも良くありません。しかし、妊婦は便秘をしやすいものです。特に妊娠前から便秘がちであった人は、さらに酷くなることもありますし妊娠後もおそらくその便秘は続くことでしょう。

 

妊娠前に便秘薬を飲んでいたとしたら、その薬を続けて飲んでもよいかどうか、必ず産婦人科医に確認しましょう。強い下剤の場合は流産の危険性もあるそうです。

 

漢方系の薬などは大丈夫だといわれる場合もあるので、恥ずかしがらずにいろいろと相談し、妊娠期間を気持ちよく過ごすことができるよう自分で考えることが大切だと思います。

 

妊娠後に初めて便秘になった人も医師に打ち明けて、食事の工夫などで改善されない場合は、薬を処方してもらいましょう。

 

便に水分を与えてやわらかくする酸化マグネシウムの系統の薬なら安全で、とても穏やかな効き目で、胎児にも影響がありません。

 

酸化マグネシウムだけでは効かない場合は、液体状のラキソベロンという薬を処方されることが多いように思います。こちらは「1回10滴から」などと、量を調節しやすいので、おなかの調子を見ながら加減することができると思います。

 

食事では、食物繊維を多く含む食品をできるだけとるようにすることが大切ですが、食物繊維にも水溶性と不溶性のものがあって、不溶性のものをとりすぎると逆に便秘がひどくなるので、注意が必要です。

 

健康食品としてはオリゴ糖がおすすめです。スーパーなどで売られているオリゴ糖を甘味料として使ったり、通販でよく売れていると話題のオリゴ糖もありますので、便秘がひどい方は一度検索してみるとよいでしょう。詳しくはこちら妊婦 オリゴ糖

 

スーパーなどで購入する場合は添加物が入っていないかを確認するといいですね。ボトルタイプで販売されているものは添加物がはいっていますから避けた方が無難です。

更新履歴